<< 奈良妊婦死亡訴訟 「医療体制充実を」大阪地裁が異例の付言(産経新聞) | main | 運転のブラジル人起訴=ひき逃げ認める、3人死亡事件−名古屋地検(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<新型インフル>帰国者対策重視で対応遅れ 厚労省まとめ(毎日新聞)

 新型インフルエンザの発生初期段階で、全国の保健所職員が平均で1人当たり計33人の帰国者の健康監視と、計180件の発熱相談に対応していたとの調査結果を、厚生労働省の研究班がまとめた。渡航歴のある人への厳格な対策が人員不足を招き、結果として国内集団発生への対応が遅れたと総括している。

 昨年8月、全国510保健所に送ったアンケートの回答(回収率65%)から推計した。

 国は発生初期、発生国からの帰国者全員に最大10日の健康監視を続け、インフルエンザ症状が出た場合は保健所の発熱相談センターに電話するよう呼び掛けた。研究班によると、この結果、3000人の保健所職員が10万人の健康監視に当たり、5000人が10万件の発熱相談を受けた。93%の保健所は土日出勤で連日対応、6割以上が「医師や保健師の人数が不足していた」と回答した。【清水健二】

【関連ニュース】
新型インフル:余るワクチン 欧米でWHO非難も
インフル:受診者数、注意報レベルを下回る 全都道府県で
新型インフル:12日から輸入ワクチン出荷 安全調査開始
新型インフル:ピーク過ぎたか…WHO、23日に判断
新型インフル:流行で急性脳症が急増…5〜9歳を中心に

大学院教授を解雇=不正経理問題−山口大学(時事通信)
津波注意報、すべて解除(産経新聞)
<鳩山首相>朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で(毎日新聞)
<JR東海>架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分(毎日新聞)
埼玉男性殺害で地検、女を起訴=練炭自殺を偽装−千葉不審死も本格捜査へ(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 13:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
出会いランキング
債務整理 無料相談
クレジットカード現金化 比較
自己破産
アフィリエイト ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 【舞台はここに】灰田勝彦「南海ホークスの歌」 なんばパークス(産経新聞)
    なにわのヒバゴン (01/20)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    AtoZ (08/28)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    ばいきんまん (06/13)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    志波康之 (01/14)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    カドルト (01/08)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    玉木よしひさ (12/29)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    こういち (12/24)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    ポリエモン (12/20)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    ゴンボ (12/17)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    夜沢課長 (12/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM