スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)

 ダイハツ工業は10日、エンジンの燃焼装置に不具合があり燃料漏れが起きる恐れがあるとして、軽自動車「タント」「ムーヴ」など5車種11万7109台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
 対象は昨年6月から今年3月に製造されたタント、ムーヴ、ミラ、ムーヴコンテ、ミラココア。
 国交省によると、エンジンを動かす際の振動を防ぐダンパーに不具合があり、使用を続けると燃料が漏れる恐れがある。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
前副知事と町長、罪状認める=県町村会汚職
サン電子、ラジオICレコーダーをリコール=1万8000台に電池過熱の恐れ
リコール制度改善を検討=国交省などに初の資料請求
レクサスのリコール届け出=最上位モデルの4509台

山下が勝ち2勝1敗=囲碁本因坊戦(時事通信)
警察への相談、2%減少=「振り込め」大幅減が影響か―警察庁(時事通信)
10人不明の漁船沈没事故、船内で2遺体発見(読売新聞)
生物学的製剤の登場で診療満足度や精神健康度が向上(医療介護CBニュース)
国民新、新党日本が衆院統一会派=民主への発言力確保狙う(時事通信)

パナソニック、太陽電池事業に本格参入――国内シェア35%以上が目標(Business Media 誠)

 パナソニックは5月31日、三洋電機の買収・子会社化後初のコラボレーション商品となる「住宅用太陽光発電システムHIT215シリーズ」を7月1日に発売、「パナソニックグループの総力を結集して太陽電池事業に本格参入する」と発表した。

 単結晶シリコンとアモルファスシリコンをヘテロ接合した三洋電機のHIT太陽電池モジュールは、単結晶シリコン系太陽電池としては世界最高水準の変換効率を備えているのが特徴。パナソニックグループでは、「三洋電機のHIT太陽電池モジュールと、パナソニックグループのエネルギーマネージメント技術や建材・電材技術を掛け合わせ、家電・電材・住建の各販売ルートを活用することで、急拡大する太陽光発電市場での飛躍的な事業成長を図り、2012年には国内シェア35%以上を獲得し、同市場におけるトップメーカーの地位を確立したい」とコメントしている。【栗田昌宜】

【関連記事】
パナソニックの「まるごと事業」に秘められた甘い罠
シャープもパナソニックも 家庭内の直流化はなるか?
住宅からビル・工場まで……直流配電は普及するか?

<雑記帳>フットサル大会に大使館員チームら 南アW杯記念(毎日新聞)
橋下知事、菅首相に「めちゃめちゃ期待している」(産経新聞)
被害総額は21億円か 未公開株代金詐取容疑で7人再逮捕(産経新聞)
<子ども手当>満額上乗せ分は保育園整備に 菅氏「雇用創出」(毎日新聞)
消費税率「当面10%」 自民、参院選公約に明記(産経新聞)

咲き誇る“日本一”鴻巣のポピー畑(産経新聞)

 埼玉県鴻巣市の荒川河川敷にある12・5ヘクタールの“日本一広いポピー畑”が見ごろを迎えた。

 ネット上の「日本一の記録」を集めたサイトで紹介されて人気に。鴻巣市観光協会では「日本最大かは確認できない」と控えめだが赤、オレンジ、ピンクのポピーが咲き誇る風景は圧巻だ。

 「今年は例年と比べて開花が2週間ほど遅れた」(鴻巣市観光協会)ため、今月末まで楽しめそうという。

【関連記事】
ハマボウ群生地に遊歩道整備 和歌山・白浜
ボタン3000株香る 塩原温泉の妙雲寺 栃木
季節の花、警察署に贈り続けて20年 川崎の中塚さん
高地に咲く青いケシの花開く 大阪「咲くやこの花館」
色とりどりのバラ見ごろ、港の見える丘公園
中国が優等生路線に?

小沢氏、連合会長と「二人三脚」=参院選へ労組票固め(時事通信)
今年の生化学的検査試薬の売上高は534億円に―富士経済(医療介護CBニュース)
放鳥トキの営巣確認=5組目、抱卵は確認できず―環境省(時事通信)
<環境教育セミナー>「生物文化多様性とアニミズム」テーマに 6月5日開催(毎日新聞)
<小惑星探査機>「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前(毎日新聞)

鎌倉市に1億円支払い命令=競輪事業撤退、平塚市が請求−横浜地裁(時事通信)

 競輪事業の撤退をめぐり、神奈川県平塚市が鎌倉市に補償金の支払いを求めた訴訟で、横浜地裁は14日、鎌倉市に約1億円の支払いを命じた。 

普天間移設 防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める(毎日新聞)
増額分、全額現金は見送り=子ども手当−民主研究会が報告書(時事通信)
友人母に女児刺される 大阪で逮捕「いきなりやられた」(産経新聞)
ペルーと来月EPA基本合意=鳩山政権で初、12例目(時事通信)
反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)

<不審死>ホテルの部屋で女性、50〜60歳 京都・北区(毎日新聞)

 29日午前3時半ごろ、京都市北区上賀茂菖蒲園町のホテルから「部屋で女性が倒れている」と京都府警北署に通報があった。署員が部屋に入ったところ、50〜60歳ぐらいの女性がベッド脇の床の上にあおむけに倒れ、既に死亡していた。明らかな外傷はないという。府警は遺体を司法解剖して死因を調べると共に、同伴者の有無などについて調べている。

 同署によると、遺体は上半身裸で、バスタオルが掛かっていた。28日午後8時ごろにチェックインし、29日午前2時過ぎに料金が精算されていた。【林哲平】

学力テスト「ゆとり」見直し…新聞で読解力(読売新聞)
準天頂衛星「みちびき」公開=GPS補完、今夏打ち上げ−宇宙機構など(時事通信)
高校球児が強盗未遂男を“キャッチ”(産経新聞)
週末は冷え込む?農作物被害に注意呼びかけ(読売新聞)
「安全の重要性再認識」=鉄道各社アンケート−福知山脱線5年(時事通信)

土壌汚染処分費15億、支払い拒否 業者らURを提訴 大手町の再開発事業(産経新聞)

 国が東京・大手町に所有していた土地の再開発をめぐり、国から土地を取得し民間に事業を委託した独立行政法人「都市再生機構」(UR、横浜市)が、業者側から土壌汚染処理費用など約15億円の支払いを求められ、提訴されていたことが17日、分かった。業務委託契約にはURの費用負担が明記され、交渉の中でも負担を約束していたが、昨年11月、「国が費用負担をしないと通知してきた」との理由から業者への支払いを拒否したため訴訟に発展した。

 問題となっているのは、大手町のオフィス街の土地約13ヘクタールを再整備する「大手町連鎖型都市再生プロジェクト」のうち、合同庁舎跡地で行われた第1次再開発事業約1・3ヘクタール。経団連会館などが入る3棟のビルが昨年完成している。

 URは平成17年、大手町開発(東京都千代田区)と約915億円で信託受益権譲渡契約を交わして、再開発事業を委託。地下部分の工事は三菱地所など4社に委託した。

 今回の訴訟は、大手町開発が、汚染土壌処理の費用負担を拒否しているとして、URに処理費用約11億9千万円の支払いを求めて提訴したほか、地下部分の工事をした4社も計約3億2900万円の支払いを求めて今年3月に一斉提訴した。これに対し、UR側は4月1日と7日にあったそれぞれの訴訟の第1回口頭弁論で、支払う意思はないと主張した。

 訴状によると、事業に先立つ13〜16年の調査で、法律の基準を上回るヒ素などの有害物質が存在することが判明した。事業開始後の調査でも土壌汚染が確認された上に、新たに鉄骨などの障害物が地中で見つかったため、処分に際し追加費用がかかった。

 URと業者側の事業委託契約では、土地引き渡しから4年間に限り、土壌汚染で処理の必要が出た場合にはUR側の負担とするという条項がある。

 業者側が裁判所に提出した資料によると、少なくとも昨年4月までは、URが「処分費用は負担する」と回答。ところが、昨年11月20日にURが業者側に向けた通知書では百八十度転換し、「財務省から負担しないとの通知があった。URは国と業者の橋渡しをしたのみで、事業で利益を得ていない。URの責任は国が責任を負担する限り」として、支払いを拒否した。

 URは「係争中なので回答できない」としている。

                   ◇

【用語解説】信託受益権

 不動産賃貸料収入など、その土地や建物の運用から生まれる経済的利益の一部を一定期間受けることのできる権利。小口に分割して譲渡することが可能なため、不動産ファンドからは投機対象となっており、さまざまな開発で売買されている。通常の不動産取引同様に、契約時に損害賠償や危険負担についてなどの条項を加えるのが一般的。

首相動静(4月14日)(時事通信)
<野菜高騰>スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
<ネット競売>戦艦三笠の探照灯出品 10年前の盗品か 日露戦争の連合艦隊旗艦(毎日新聞)
PKO参加5原則の見直し先送り…岡田外相(読売新聞)
放火容疑で男2人逮捕=飲食店にガソリンまく−警視庁(時事通信)

普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)の南方沖の浅瀬に滑走路を建設する「浅瀬案」を検討、米側に提案する方向であることが16日、分かった。政府が検討してきたシュワブ陸上案と鹿児島県・徳之島を組み合わせる移設案は、米政府や地元自治体が難色。米側の理解を得られそうな浅瀬案での事態打開を模索するが、「公約違反」である上に社民党の反発は必至で、与党内調整は難航しそうだ。

 浅瀬案は、辺野古沖の浅瀬を埋め立てて1500メートル規模の滑走路を建設する案だ。かつて米側の主張をもとに日米両政府で検討したが、断念した。今でも米側が容認する可能性が高く、現行案などに比べ工費が安価だとされる。ヘリコプターが住宅地の上空を飛ばず、騒音問題や危険性を回避できるメリットがある。

 鳩山由紀夫首相は依然として「県外移設」案を完全に捨てたわけではないが、シュワブ陸上部に600メートル級のヘリ離着陸帯を造り、可能な限りのヘリを徳之島に移す政府案は、米側が拒否する姿勢だ。地元住民や社民党も反対しており、合意の可能性は小さい。

 このため、政府・与党内では米国と地元、連立与党が合意する「5月決着」は絶望視され、このままでは普天間飛行場が継続使用される最悪のシナリオが現実になる。浅瀬案は「移設問題を何とかソフトランディングさせる」(政府高官)ための苦肉の策だ。

 ただ、鳩山政権はこれまで「少なくとも県外移設」と訴え、県外移設への期待感を高めてしまっていただけに、首相の責任を問う声が上がるのは確実だ。また、県外・国外移設を主張する社民党が浅瀬案で納得することは考えにくく、首相は連立政権の枠組みに関して重大な決断を迫られる場面も出てきそうだ。

 政府・与党は、浅瀬案に加え、これまでの県側の要望も踏まえ、現在の環境影響評価(アセスメント)の許容範囲内で現行案を沖合移動させる修正案の可否も検討。2本のV字形滑走路を建設する現行案を滑走路1本に縮小する新たな修正案も浮上している。

ミクシィで高校時代の同級生を脅迫 警視庁(産経新聞)
<掘り出しニュース>銀閣寺、2階内部に漆 創建時の輝きに……ただし拝観不可(毎日新聞)
ベランダの手すりはずれ、生徒2人落下 茨城の県立高(産経新聞)
普天間、首相責任論を懸念=社民幹事長(時事通信)
製薬・医療機器業界からヒアリング―国民の医療を考える議連が初会合(医療介護CBニュース)

パトカー追跡のバイク、列車と衝突=けが人なし、男2人が放置して逃走−三重(時事通信)

 14日午後9時35分ごろ、三重県四日市市茂福町の遮断機が降りた近鉄名古屋線の踏切内に、男2人が乗った原付きバイクが進入し転倒した。2人は逃走したが、バイクは放置され、五十鈴川発名古屋行きの急行が衝突。県警四日市北署によると、約250人の乗客がいたが、けが人はいなかった。バイクはパトカーが追跡中で、同署は道交法違反(2人乗り)や往来危険の容疑で、2人の行方を追っている。 

【関連ニュース】
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬
パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕
追跡中のパトカーが衝突事故=警官2人が軽傷
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡
覚せい剤使用容疑で大阪市職員逮捕=「1年前ぐらいからやった」

40歳でゲーム漬け…ひきこもりも高齢化 人格固まり抜け出せず(産経新聞)
将棋 封じ手は「8一飛」 名人戦第1局2日目始まる(毎日新聞)
与謝野氏、新党結成で参院選後に言及へ(産経新聞)
<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)
700万収賄の疑い 元常務理事逮捕 都家具厚生年金基金(産経新聞)

【舞台はここに】灰田勝彦「南海ホークスの歌」 なんばパークス(産経新聞)

 ■「グランド」の記憶 世代超え

 プロ野球開幕当初、「今年の日本シリーズは関西対決やぁ!」と叫んだファン(特定の…)は多かったろう。セ・パ2リーグに分立して六十余年。関西のチーム同士で日本一が争われたのは、「御堂筋対決」などの名称で呼ばれた昭和39年の阪神Vs南海だけだ。

 御堂筋対決でも歌われた『南海ホークスの歌』は昭和27年に発表された。冒頭に出てくる「グランド」とは、今はない大阪球場のこと。作詞・佐伯孝夫、作曲・佐々木俊一、歌うのは灰田勝彦。前年公開の映画「歌う野球小僧」に主演した灰田が歌ってヒットさせた『野球小僧』と同じ顔ぶれによる応援歌だ。

 南海ファンの間では、「応援歌を歌うと途中で『野球小僧』になり、『野球小僧』は応援歌に替わる」と言われるほど、2つの曲の旋律は似ていた。同じスタッフによるものなら、それも合点がいく。

 「当時の資料を調べると、映画のヒットにヒントを得た南海側が、応援歌制作を依頼したようです。明るく、のびやかな灰田さんの声が、ファンに定着する大きな要因になったのでは」

 南海を中心にパ・リーグの歴史をまとめた平成15年の著書「南海ホークスがあったころ」(5月に文庫化の予定)の執筆者の一人、関西大学社会学部の永井良和教授(大衆文化論)はそう分析したうえ、意外な事実も明かす。

 「実は何らかの事情で、レコードは一般発売されておらず、3千枚が関係者に配られただけ。現代のようにCDがミリオンセラーになったわけでも、テレビやラジオで大量に流されたわけでもないのに、球場では世代を超えたファンが合唱できた。楽曲の広がる伝播(でんぱ)方法としては、極めて異例です」

 御堂筋対決を制したときはもちろん、昭和63年に球団が去ってもファンに歌われた名曲だ。

 子供や男たちが熱狂した大阪球場は、球団身売り、福岡移転(ダイエー↓ソフトバンク)後、住宅展示場をへて平成15年10月、複合商業施設「なんばパークス」に生まれかわった。女性や若者を中心に年間で2900万人が来場する。

 その2階に、意識していても通り過ぎてしまいそうな御影石製のプレートが設置されている。この真下に大阪球場の本塁とマウンドがあった。

 9階に上がれば、「南海ホークス メモリアルギャラリー」がある。日本シリーズのチャンピオンフラッグや杉浦忠監督のユニホーム、門田博光選手の2千本安打達成時のバットなど26点が展示され、試合のVTRも流されている。

 南海電鉄総務部の担当者は「ここに大阪球場があったということを残しておきたい」という。

 8階の円形劇場には、外野席の雰囲気を漂わせる木製ベンチが階段状にしつらえてある。近所に住む子供たちが走り回り、ビジネスマンが、つかの間の休息を取っていた。

 初めて南海の公式戦が開催されたのは昭和25年9月16日。緑の軍団が汗を流したその場所は60年後、喧噪(けんそう)から一瞬だけ抜け出せる緑に囲まれたオアシスになった。(伊藤洋一)

                   ◇

【メモ】野球以外の大阪球場

 パークスの屋上庭園には、ゆかりのある著名人のアルミ製手形が20体、設置されている。府立体育会館での大相撲春場所で、16年から3連覇した元横綱・朝青龍関、なんばグランド花月を本拠とする吉本興業の落語家・笑福亭仁鶴…。

 その中に交じって、歌手・西城秀樹のものも。西城は昭和49年から10年間、球場で屋外コンサートを行っていたのだ。ほかにもマイケル・ジャクソンやマドンナ、尾崎豊にサザンオールスターズがライブを開催。球団移転後には劇団四季による「キャッツ」も上演された。

                   ◇

 歌舞伎や小説、音楽…。さまざまな作品に登場する舞台の“今”を訪ねます。

中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府(産経新聞)
「首長新党」4月中に結成、参院選に10人以上(読売新聞)
猿人化石、新種と発表=195万年前、南ア洞穴で発見−ヒト属祖先との見方も(時事通信)
検察官役の弁護士追加 JR西3社長起訴議決で4人目(産経新聞)
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満(医療介護CBニュース)

自転車欠陥で大けが 損害賠償求め輸入元提訴(産経新聞)

 イタリアの「ビアンキ」ブランドの自転車で走行中に車体の欠陥が原因で転倒し、四肢まひなどの後遺症が出たとして、茨城県つくば市の元会社経営、中島寛さん(60)が5日、輸入元の「サイクルヨーロッパジャパン」(東京)に約1億6000万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

【関連記事】
中国でトヨタに賠償訴訟準備 リコール車の所有者
マイケルさん父、専属医を提訴へ
銀行4行が大阪市を提訴、160億円支払い求め
カビだらけ!「匠」の家、訴訟で“ビミョ〜アフター”
永ちゃん訴えたものまねタレントが敗訴

派遣型風俗店事務所に3人組、200万円奪う(読売新聞)
長野・王滝川の人骨、友人救助で飛び込んだ学生(読売新聞)
<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
久々の卵? トキが産卵の可能性(産経新聞)
「脳トレ」で高齢者事故防止=出張講座、「ゲーム感覚」好評−愛知県警(時事通信)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
出会いランキング
債務整理 無料相談
クレジットカード現金化 比較
自己破産
アフィリエイト ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 【舞台はここに】灰田勝彦「南海ホークスの歌」 なんばパークス(産経新聞)
    なにわのヒバゴン (01/20)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    AtoZ (08/28)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    ばいきんまん (06/13)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    志波康之 (01/14)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    カドルト (01/08)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    玉木よしひさ (12/29)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    こういち (12/24)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    ポリエモン (12/20)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    ゴンボ (12/17)
  • タントやムーブ11万台リコール=燃料漏れの恐れ―ダイハツ(時事通信)
    夜沢課長 (12/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM